読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気にしすぎママのブログ

頭の中の整理整頓、備忘録。子育てや生活に活かせる心理学勉強中。

嫌なやつ。いるよね〜? 対人関係悩んでる人へ

嫌がらせしてくる人って周りにいませんか?

特にママ友の話。

https://www.instagram.com/p/BIE7p7ogF93/

 

私は、今でもどうしても好きになれない人が一人だけいます。

ママ友の中の一人ですが、マジで嫌いすぎて考えるだけで嫌な気持ち。

 

本当に嫌がらせをいつもされました。悪口も言われたり、

周りのママたちが全然目も合わせてくれなくなったり。

 

原因はうちの子が向こうの子につねられて流血したことでした。

うちの子はおしゃべりしなかったので、こちらが悪いわけではありません。

喋れないから、やめてって言えません。

だから私が

優しく謝りながら、つねったらいけないね。って相手の子に言いました。

そのママにも優しく謝りながら言いました。

そしたら、「うちの子が悪者にされた」

という理由で嫌がらせと悪口が始まりました。うちの子にも私にも。

周りも巻き込んで。

 

 

なんで?うちの方が悪いの?

 

すっごいキレそうになって。すっごい言い返しそうになったの。

何度も。

けど自分の子供が

私のいないとき何かいじめられたりするかもしれないって思って。

すっごい我慢した。

幼稚園の担任も全然頼りにならないし。

すっごく我慢したの。切れたら私の方が本当の悪者になっちゃうって。

子供のために我慢したの。

その頃から、他の悩みも重なって、過呼吸がくせになったり、激しいめまいがくせになるくらい悩みました。 本当に嫌だったなあ。

 

学生の頃は、いじめられたりしたことはありません。

シカトが回ってきたり、まあそうゆうのはありましたが、

友達作りとかは得意な方でした。明るく、目立つタイプでした。

いけないことには正面から向かっていくタイプでした。

私って変わっちゃったな。昔はこんなんじゃなかったのに。。。

それも悲しい気持ちになるワードでした。

 

で、そいつとは今も学校が一緒、

以前は顔を見るだけでほんと嫌な気持ちが自分の心を支配していました。

でも、相手がいないことにする。知り合いではないという空気を作る。はたまた自分からいきなり話しかけてみる。相手の子供にあえて優しくして、気に入られる。

全く気にしないという武器も私には備わりました。

私は今でも不器用だけど、嫌な気分で自分を支配されるのではなく、

自分の気分で色々対応できるようになりました。

心理学のおかげです。勉強すると理屈がわかり自分の場合心がスッキリします。

 

それで、色々攻撃してくる人の心理を勉強していたので。

メモあったので記事にします。

 

嫌がらせ攻撃をしてくる人の心理

□嫌がらせとしている人はそれをその人にとって良いことをしてあげてるって頭の中で自動変換しちゃってる。

 

攻撃をすることで快楽を得て頭の中ではドーパミンが出まくってる。

悪口言ったり、暴力振るったりすることでドーパミンでまくって気持ちよくなっちゃってんだって。 怖くない?びっくりなんだけど。

それを止めるのは結構難しい。 

 

□攻撃対象に甘えている

 

攻撃対象が「ごめんなさい」と言ってそれでも快感を得ている。

謝ってもそれはそれで気持ちよくなっちゃってる。

謝ってもダメだ。

やばくね?実はマジでかわいそうな状態なのは相手の方。

 

 

私の考えた対処法。どうかな?

 

あらゆる攻撃を、客観的にみて 斜め上からみて観察しろ!

 

___対処法のひとつめ___

相手に言わせるだけ言わせて、後ろめたさを引き出す。

言うことがもう なくなる時が絶対くる。(この方法泣くとか以外は仕事のクレーマー相手にするときも有用だと思われます。)

普通の人間はあれ?言いすぎたかな。と考える時間がある

周りの人がそこまで言わなくてもいいんじゃないの?という雰囲気になるまで悪口を引き出す。

そして出来たら、周りを巻き込め! 

泣くのもいいね!私は泣けないけど。

悲しくなくても悲しいふりして しゃがみこんでみよう。

きっと誰か声かけてくれるはず。

大丈夫。いいの。やってみよう。自分だけ悩んでるなんて馬鹿らしい。

 

 

 

___対処法二つ目___

相手の攻撃を一旦受け入れたふりをして変えない。

うんうん、わかったよー。そうだよね。ごもっともだよね。

 

で?なんなの? って感じだよ!

 

___対処法3つ目___

攻撃してくる人に対して、アドバイスを求める。

 

うちの子こうゆうところがだめなんだ、、、私どうしたらいいのかな?とか?

悩める子羊を演じるのだ!

マウンティングのポジションになりたい人が多いので

アドバイスをすることによって自分のアドバイスという投資を無駄にしたくないという思考が生まれるので、アドバイスを求めてみる。

そうすると攻撃の手が緩まるのではないか?

 

 

悪口言って攻撃してくる方が悪いに決まってる。

けど、言い返してもだめ。かわいそうな態度してもだめ。謝ってもだめ。

ドーパミンでまくっちゃってる相手に真っ向から立ち向かっても逆効果。

だからいっときだけ女優になろう。自作自演もこの状況を抜け出す

砦になるかもしれないから!

 

今でもきっと悩んでいる人いるはず!頑張って!

本当にダメなら最終的に、幼稚園なら転園とかもひとつの手だよ。

 

 

 

次回は攻撃されている自分のモチベーションについて書きますね。